道東縦断旅行(ウトロ編)

宿をとったのは宇登呂(ウトロ)
語源はアイヌ語の「ウトゥルチクシ」『その間を我々が通る所』という意味
なにの間を通るのか?

知床の鉄路の玄関口、知床斜里駅前からバスに乗ります

DSC_2144.jpg


最初は北海道らしい防雪柵のある真っすぐな道を進み
20分ほど走ると海沿いの道へ

DSC_2152.jpg


左側は海ですが流氷が接岸していてどこからが海かわからないですね

ウトロを宿としたのは網走で流氷見れなかった時の保険

流氷って海の水が凍っているのではなく元々は川の水
オホーツク海の流氷はユーラシア大陸のアムール川の水が凍り日本まで流れついてくるのです

詳しくは「海氷情報センター」参照


南下してきた流氷は知床半島にぶつかって沿岸によって来るため知床半島のほうが流氷遭遇率は高いらしいです

DSC_2192.jpg



陽も傾き始め徐々に流氷も色づいてきました

DSC_2207.jpg


道沿いにはエゾシカがそこらじゅうに
こちらの地区でもエゾシカが増え過ぎて被害が増えて来ているようです

駆除するハンターの不足しているらしく狩猟免許取得に関する助成とかもやってるみたい
自分もハンターになろうかと調べて見たけどなかなか大変みたいで…
命を撃つってのも精神的に耐えられるか…(汗)

DSC_2209.jpg


そんな流氷とシカを見てたらあっという間、約50分ウトロ地区に到着です

今日のお宿は「知床グランドホテル北こぶし」

DSC_2372.jpg


ウトロで止まるならここで泊りたかった
予定では余裕を持って予約していたので問題無かったんですが
悪天候による急遽のキャンセル、、、
日にちを振り替えて予約しようとしたんですが空きが無く
日を置いて探してたら1部屋の空きを発見で即予約しました


チェックインを済ませ部屋へ
客室係りの人にここら辺で夕陽を見るにはどこがいいですか?と聞くと
「オロンコ岩と言うのがあってその向こうに行けば見れますよ」と

日暮れも迫ってるので急ぎましょう、と急がせてしまいました(笑)

DSC_2393.jpg


案内された部屋には「特別室」の文字
海側客室指定で部屋タイプおまかせプランだったのですがたまたま空いていた部屋が特別室だったのか!?

室内は和洋室(和室12帖 + 洋室)(洗面所トイレ浴室別)
マッサージチェア付きのまさに特別なお部屋

高級なお部屋撮らねばとスマホを出そうとすると無い…
バス内で使ってたのでバスに置いてきた???

無くした場所がわかっていればちょっと安心、でもホントにあるか不安でホテルの窓口で問い合わせてもらう
少し待つと「ありました、バスターミナルにあるらしいので走って取ってきます!」と係りのかた
忙しいチェックイン集中の時間帯に対応して頂きとても有り難かった

そんな待っている間にこちらはロビーにいるクリオネ観察、俺が走れって感じですよね(汗)

P1140995.jpg



実は先日の長崎の時も音楽聞くように持って行ったiphoneを飛行機に忘れる失態をしたばかり
スマホの取り扱い注意しないとね

無事スマホも戻り夕陽を見に出発


DSC_2229.jpg


夕日に照らされて赤くなってるゴジラ岩の脇を抜けて

DSC_2230.jpg

目の前にはオロンコ岩
この二つの岩の間「ウトゥルチクシ」
「その間を我々が通る所」の間とはこの二つの岩の間らしいです

オロンコ岩を貫くトンネルを抜けると

DSC_2237.jpg


夕陽の絶景ポイント!
タイミング的にもバッチリです
この夕陽が見たくて朝早起きしてのスケジュールでした

DSC_2263-1.jpg


徐々に傾いていく太陽、あたりは徐々に紅さを増していく

DSC_2244.jpg


雪の白に夕陽が当たると何とも言えない色に…

DSC_2336-1.jpg



そして日没

晴天に恵まれた最高の1日でした
太陽に感謝そして教えてくれたホテルのかたにも感謝

夕食までちょっと時間があるので館内を探検

DSC_2388.jpg


足湯のテラスがあって海を見ながら浸かれます

DSC_2387.jpg


スノーブーツでガッチリ防寒してたので脱ぐのがめんどくさくて入らなかった(汗)

そして夕食は今夜もバイキング
ここのバイキングスゴイです
いままでいろいろなホテルのバイキング行ったけど最高クラス
北海道の美味しいものをそろえてるのはもちろんだけど種類が豊富すぎ
3日間くらいいないと全種類食べれなそう

DSC_2397.jpg


食べ放題をいい事にご飯が見えない位にカニを盛ってその上に海鮮物と言う贅沢丼
この後またと外に行くのでアルコールは控えめで…


そして今夜も夜のイベント
知床ファンタジア2015 『オーロラファンタジー』

以前知床に現れたオーロラを再現するイベント
1月末の行程だったら開催前で見れなかったけど延期したおかげで見に行くことができました

DSC_2402.jpg

ライトアップされたトンネルを抜けて会場へ

まずは知床流氷太鼓の披露

DSC_2408.jpg


こっちはダウンを着ているのに氷点下の中でこのかっこ、スゴイですね~


そしてショーの始まり

DSC_2443-1.jpg


スモークを焚いて音楽にあわせてレーザー光線を当ててオーロラを再現してます

DSC_2574.jpg


約20分間なかなか見ごたえのあるショーでした
寒いかな?と思ったけど


こんなかっこで行ったので全然平気でした(笑)

DSC_1523.jpg


そして前日のリベンジ星空撮影
流氷と星を同時に狙います

オーロラファンタジーの会場が海を見れて町の光が少なそうなので会場の片づけが終わるのを待って再度出撃

オロンコ岩を見下ろす木星

DSC_2616-1.jpg


一番明るい星が木星です



オリオン座と流氷

DSC_2641-1.jpg


オリオン座は明るいから見つけやすいですよね



北極星とカシオペア

DSC_2644-1.jpg


こっちの方角はホテルのライトアップの光が入っちゃって流氷が明るすぎちゃいますね
星の光が飲み込まれかけてます・・・


寒くなってきたので早々に退散
他にも数人星を撮りに来てる人いましたね~



そして温泉!8階の展望露天風呂
さらに上の屋上には星が見れる空中露天風呂
前日の臭い感じとは違った「塩化物泉」
景色もお湯も満喫です

そして最終日

女満別空港からの最終便が取りたくてギリギリまで狙ってたけどダメ
13:40の便で帰らねばならないので最終日はほぼ移動のみ

なので中身が無いので一気に書いちゃいます(笑)


とりあえず朝風呂
川湯観光ホテルもここ北こぶしさんも夜中にも入れるのでうれしいですね

DSC_1528.jpg


人がいない隙に撮った風呂からの眺め
どんより曇り空の下には一面の流氷、寒々しい風景を見ながら温泉で温まります

部屋に戻って前日スマホ紛失等々でバタバタして撮り忘れてた部屋からの眺め

DSC_2667.jpg


2面窓があるって素晴らしいですよね
もちろん海側指定だったので流氷もバッチリです

そして名残惜しいけどチェックアウト

ホント気持ちのいいホテルでした(グレードアップの件もありますが…)
客室係りの人がみんな気持ちよく対応してくれるし料理も美味しかった
川湯温泉のホテルも一度電話してキャンセルしたり迷惑をかけましたがこちらも気持ちのいい対応
どちらもまた泊りたいと思うホテルでした


知床グランドホテル北こぶし



川湯観光ホテル


どちらの宿もおススメですよ




ツアーのバスが次々出発していく脇を徒歩で出発

近所の道の駅でお土産を買いこみバス停へ

DSC_2700.jpg


こちら1日3本のバス
乗り遅れたら飛行機に間に合わない(笑)


やや遅れて来たバスはギリギリ座れたけどほぼ満席
昨日来た道を引き返します

来るときにオシンコシンの滝が一瞬見えバスからも見えるんだと思い
帰りは準備して見れるのを待ちます

オシンコシン崎のトンネルを抜けると

DSC_2704.jpg



一瞬だけ見れました、知床八景「オシンコシンの滝」
思っていたより勢いよく流れてました


知床エゾシカファームも一瞬だけ

DSC_2711-1.jpg

養鹿牧場って珍しいですよね
見たら食べたくなるもの後ほど知床斜里駅近くで頂きます(笑)

DSC_2716.jpg



海別岳を見ながら残り少ない北海道らしい風景を楽しんでいると


DSC_2738-1.jpg



キタキツネとの遭遇
雪原を走ってました
しかし野生動物いっぱいですね~
探しながら車窓を見ていると移動も楽しいです

DSC_1541.jpg


帰りも約50分知床斜里駅到着
列車の時間までちょっとあるので歩いて近くの道の駅「しゃり」
の隣の「斜里工房しれとこ屋」



ここで目をつけてたのが「肉のたかはし」さん

DSC_2761.jpg



ここ買った肉をその場で焼いてくれます

DSC_1537.jpg


鹿肉のロースとバラ両方いっちゃいます
今見たら産地が若干違う(笑)

時間がかかるよと言われたのでお土産屋さんや隣の道の駅を覗いたりして20分
おばちゃん一人でやってるから時間に余裕が無いと厳しいかも?

DSC_1540_20150226020016c7c.jpg


鹿肉焼きの出来上がり
クセ少なくおいしい、長野で食べたシカはちょっとスジが気になったけど部位の問題かな?
そういやあっちはもも肉だった


駅に戻りローカルな列車をまつ

DSC_2782.jpg


快速しれとこ号
こいつも一両でやってきました
冬の観光シーズンだから車内は結構混みあってましたがみんな座れる

DSC_2798.jpg



流氷も前日よりは沖に逃げて行ってるかな?
ホント見るのはタイミングが難しい

DSC_2799.jpg


ノロッコと違って展望はあまり効かないけどこれはこれでいい感じ
最果てのローカル線って雰囲気出てます

DSC_2839.jpg


最後、網走駅に戻り
空港までの連絡バスへ乗り継ぎ

列車が若干遅れたから焦ったけどバスも遅れた…

そのおかげで女満別空港ではバタバタ
お土産お土産買ったりしてたらご飯を食べる時間無かった(汗)

しょうがないのでお昼ご飯代わりに流氷ビール

DSC_1555.jpg


飛行機乗ったら撃沈…
高度下げて耳が痛くなり目が覚めた(笑)

家に帰って持ち帰った流氷でウィスキーをロックでと思ったりしてたけど
飲む元気なく流氷サイダーの氷となりました(笑)

DSC_1560.jpg



そんな感じの北海道旅行
珍しく綿密に計画をたてたものの結構ハイリスクな計画
奇跡の様な偶然が続いて無事全てのミッションクリア

若干こなした感はあるものの見たい物をほぼ見れ、やりたい事をいろいろ出来た良い旅でした

ポイントポイントを駆け足で周る感じで終始慌ただしかった(汗)
なんせ1日3本4本の列車やバスを移動手段としているからしょうがないけど…
ただ雰囲気はいいですね、他の旅する人たちとも絡んだり一番いいのは酒がいつでも飲めること?(笑)

一度延期したおかげ?でかなり細かく調べられました
旅のガイドブックとか見ても冬の観光なんて流氷くらいしか載って無いので情報集め苦労しました
いろいろなブログを読みあるいて、あとはツアーを有効に使えたのが勝因?
お金はかかりますが移動も手伝ってくれるし解説付き
やはりガイドがつくと旅の理解度もあがって楽しいですね

移動手段を調べるのに久しぶりに鉄道のダイヤグラムなんてみましたよ(笑)
バスの時刻表も並べて見比べて…

2日半では周りきれない
もっとゆっくり時間をかけて周りたい…




長々の書きましたが最後までお付き合いありがとうございました
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 旅行 温泉

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは~(^^)

北海道旅レポお疲れ様でした!
毎回楽しみに自分も行った気になって拝見させて頂きました(^^)
今回は延期が功を奏しお天気にも恵まれ最高の3日間でしたね!
今の仕事引退したらゆっくり冬の北海道廻りしたくなるような、そんなレポでした!
旅の宿といい見どころと言いとても参考になりましたよ!
知床グランドホテル北こぶし・・・ぜったい泊ってやる(^^)!

知床グランドホテル北こぶし、良いところですね!
メモしましたφ(.. )
海を見ながらの足湯!先日、芦ノ湖を見ながらの足湯に行きましたが、オホーツクの流氷を見ながら足湯とはスケールが違いますね
オリオン座と流氷の写真、素晴らしいです!!アメリカの銀行強盗のような格好のhaseさんですが(笑)とても綺麗な感動的な写真が撮れましたね(^_^)v
流氷サイダー(笑)
仕事柄、南極観測船しらせが持ち帰る氷を手に入ることがあるので、それで水割りを作るとプチプチ音がします。それは氷の中に閉じ込められた何千年も前の地球の空気だそうです。

おはようございます

ムコ殿さん
最後までおつきあいありがとうございました
昨日今日も道東は暴風雪らしくホントピンポイントにいい天気の中行けたようです
仕事引退…いつになるやら(笑)
「北こぶし」よかったですよ~

またいつか行ってみたいと思います

おはようございます

RRさん
なんか宣伝みたいになってしまいましたが「北こぶし」
ウトロに行かれた時はぜひ
芦ノ湖の足湯もいいじゃないですかー

どこへ行くんだ?ってなカッコですよね(笑)
全身完全防寒のおかげで寒さは感じず
星空も素晴らしかったです

南極の氷!凄いですね!!
数千年の時を経て…ロマンを感じますね
プロフィール

hase

Author:hase
メインはバイクでツーリング
たまに自転車や車,電車の時も

カメラを持って綺麗な景色を求めておでかけ
そんなおでかけを日記にしてます
よろしくお願いします

応援よろしくです
最新記事
Twitterウィジェット
カテゴリ
最新コメント
リンク
天気予報
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ