道東縦断旅行(流氷との遭遇編)

前日丸一日動いてたので朝はゆっくりとしたい所だが…
流氷砕氷船の予約や知床で夕陽が見たい!ってのを叶えるために早起きです
朝一番の列車、川湯温泉駅7:45発これに乗れないと次は10:36…寝坊はできません


結構飲んでた割に目覚まし6時ですんなり起床
7:30に駅までの送迎をお願していたので先にチェックアウトを済ませ7時からの朝食をかっこむ(汗)

DSC_1521.jpg


無事時間通りに送迎車出発
川湯温泉駅へ向かう途中、朝日に照らされキラキラと光る樹氷が

送迎してくれるホテルの人にわがまま言って一瞬止まってもらいました

DSC_1540.jpg


氷の粒が木にくっつきキラキラと光ってます

DSC_1533-1.jpg


まるで産毛のように氷りが張りつき見事な光景
もっと眺めたい光景、時間があれば・・・


この時点でも-15℃くらいまで気温が低かったので硫黄山の臭い煙も勢いがあります

DSC_1546.jpg



列車の時間も迫りそんなにのんびりもしていられないので後ろ髪引かれながら出発

列車到着数分前川湯温泉駅に到着です

DSC_1553.jpg


前日の天気とはうって変わって気持ちのいい晴天です
ホームで待っていると踏切が鳴りカタンカタンと近づく音が山に響く、他は無音の世界
やがて姿を現し列車到着です

DSC_1562.jpg


一両編成のローカル線、観光列車もいいけどこういうローカル線の旅もいいですね
列車は真っすぐと伸びるレールに沿って進みディーゼルエンジンが唸り峠を越えてきます
一日5本程度しか通らないのにしっかり地元の足として使われておりました

DSC_1590.jpg


実は前日乗ったツインクル知床号のガイドさんが先週末の暴風雪により流氷ノロッコ号が連日運休、
点検作業中でうちらの乗る21日は動くかわからないと…
動かないなら別の手段を考えなきゃと思いながらいろいろ感動してたらすっかり忘れてた
慌てて車掌さんに聞きに行くと「今日から動きますよ」と
ギリギリセーフです(汗)これで予定通り動けそうです

後、気になる流氷の状況
スマホで流氷砕氷船のサイトを見ると自分の乗る便の項目に「流氷あり」の文字
見た瞬間ガッツポーズです
流氷はなんとか見れそうだ

そうこうしているうちに流氷ノロッコ号の始発駅「知床斜里駅」到着

DSC_1621.jpg


ホームにはすでにノロッコ号が止まってました

朝一の便って事もあってか自由席は選びたい放題

DSC_1617.jpg


展望車には暖房が無いのでちゃっかりダルマストーブ近くの海向きのベンチシートを確保
出発を待っているとツアーのおばちゃんたちのグループが
前日の幼稚園生に続いて今回も賑やかです(笑)

「おにいさん火が弱いから石炭くべて」となんか使われてるし…

そして今日もダルマストーブでするめを炙る

DSC_1631.jpg


自分のするめ立派すぎ、おばちゃんたち大歓声(笑)
取材を受けるするめちゃん、旅番組かな?俺のするめTVデビュー?

そんな人気者のするめちゃん、半分はおばちゃん達にふるまって流氷ビールのつまみに

DSC_1637.jpg


綺麗な青いビール、味のほうはあっさりした感じで若干甘みがあるかな
原材料を見てみたらなんと長芋が使われている


そんな事をしているうちに列車は進み出発して5分ほどで流氷がみれるポイントへ


DSC_1649.jpg



流氷見れた―
ちょうど陸との間に青い所があって流氷がわかりやすい
これ完全に接岸してたらどこからが流氷だか浜辺に積もった雪だかわからない

車内流氷で大興奮と思いきやおばちゃん達は焦げそうになってる目刺しのほうが
気になるらしい
動画をとっている人がいる脇で「目刺し焦げちゃうわよ!」を連呼
その動画帰って見たらどうなんだろう?ちょっと見てみたい(笑)

流氷ノロッコ2号は北浜駅で14分停車
ここはオホーツク海に一番近い駅、ロケ地としても有名です

DSC_1667.jpg


混みあう前に展望台
この先も流氷は陸地から離れてるみたいね
オホーツク海のブルーと雪原の白のコントラストがたまりませんな

DSC_1685.jpg

駅舎のほうを見に行くとみんな降りて記念撮影
中国の大ヒット映画のロケ地ってこともあって中国人のツアーも寄るらしい

DSC_2084.jpg



駅舎の中はここを訪れた証にと残していった名刺やメモが壁一面に貼り付けられメッセージが書かれています

展望台のほうを見てみると

DSC_1688.jpg


少ない停車時間の中、先に行っておいて正解でした
出発2分前になり放送が入るとみん慌てて戻ってきます

北浜を出発して15分網走駅に到着です

DSC_1732.jpg


改札を出た待合室には今日の流氷の状況が掲示されております
この日は全便流氷ありでの航行予定期待が持てます

DSC_1740_20150225172555f37.jpg


自分の乗る便にはちょっと時間があるので燃料補給
網走駅から歩いてすぐの回転ずしの「かに源」さん

DSC_1749.jpg


網走駅って市街から離れてるから店少ないんですよね
簡単に歩いて行ける中で美味しく食べれそうなお店を探して見つけたのがこちら

回転すしだけど寿司は廻って無く普通に紙に書いて注文するスタイル

牡蠣に
P1140883.jpg


雲丹に
P1140888.jpg


蛸の卵
P1140887.jpg


牡蠣は大ぶりで味が濃厚、好きだけど普段は注文しない雲丹もここならイケる
蛸の卵は以前小樽で食べた以来
どれも美味しくお腹いっぱい

ここも時間があまり無いのでささっと食べて駅に戻りタクシーで砕氷船乗り場へ
タクシー乗る時荷物重くて何気なく「よっこいしょ」って言って乗ったら日本人だね!って(笑)
それくらい外国人が多いみたい
今どきはタブレットを見せて来てここまで行ってと伝えてくるらしい

タクシー乗って10分弱で砕氷船乗り場「道の駅流氷街道網走」に到着

DSC_2044.jpg


そこには砕氷船「おーろら号」が出発を待っておりました
受付をすませ乗船口に並びいざ乗船

早い段階で並べたのと結構中の席に行っちゃう人が多いからデッキで場所選び放題
寒いけどこれはデッキで楽しみたいでしょう

12:30の便だけど各回二隻での出港なので時間前でも満員になったら出港です

DSC_1765.jpg


陸を離れ流氷へ向けて突撃

DSC_1791.jpg


湾の出口に来るとボチボチ流氷に囲まれていきます

湾外に出るとそこは氷の世界
海なのに波が全く無い不思議な感覚

DSC_1843.jpg

遠くには斜里岳

沖に出たほうが風も少なく出港前より暖かく感じる

ここでも動物と遭遇

DSC_1851-1.jpg


流氷に乗って船を見つめるオオワシさん
飛んでる姿が見れるかな~と思って見てましたが視界から消えるまで微動だりしません


DSC_1976-1.jpg


流氷と斜里岳とかもめ、流氷の海の上を気持ちよさそうに飛んでいます
タクシーの運転手によるとここまで晴れた週末は今年初めてじゃないか?って言うくらい
毎週末暴風雪にやられてたらしいです
明日からは南風が吹くらしいから流氷も沖に行っちゃうんじゃない?と

それを聞くと延期してまできて良かった
かなりの運を使った気がします(笑)

アザラシが見れる事もあるらしいですが今回は見れず
そこまで見れたら運が良すぎて死ぬかもしれない(笑)

DSC_1906.jpg



途中後から出向した便とすれ違ってお先に港へ
1時間があっという間
一人3300円はちょっと高いかな?って思ったけど他では体験ができないのでこれは乗っておかないといけませんね
自分は1回目で最高に近い状態で乗ってしまったのでとてもラッキーでした

流氷遊覧の興奮冷めやらぬまま網走駅へタクシーで戻ります
そしたらまた同じ運転手さん(笑)いろいろ周って戻ってきたらしい
テンション高く流氷見れました!とお伝えしときました

砕氷船乗り場と網走駅は790円
バスもあるけど時間がかかるのでタクシー乗って正解
そういや冬季2割増しって書いてあったな

DSC_2048.jpg


網走駅の縦書きの看板
網走刑務所から出所してくる受刑者がこの縦書き看板のように横道にそれることなくまっすぐに歩んで生きて行って欲しいという願いが込められているそうな

DSC_2056.jpg


そしてまた流氷ノロッコ号
知床斜里行きは機関車が後ろで走るみたいです

2度目の北浜駅では違うポイントから

DSC_2074.jpg


流氷の向うに知床連山が行きよりも綺麗にみえました

DSC_2098.jpg


車窓の流氷を楽しみながら
往復ノロッコ満喫です
北浜駅で降りた客が多いので車内はガラガラ
網走→北浜のってそこからバスで宿に向かうツアーが多いみたいですね


そして自分は鉄路で世界遺産「知床」の玄関口「知床斜里駅」到着です

DSC_2139.jpg

ローカル駅だけど横長の窓がオシャレな駅舎
ここからは女満別空港から来るバス「知床エアポートライナー」で宿泊予定のウトロまで向かいます
砕氷船乗り場からでも乗れたんですけどやっぱノロッコ乗りたいじゃん?
道路より線路のほうが海よりを走るので海を見るなら列車ですね


かなり長くなっちゃったので次へつづきます

スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 旅行 鉄道

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは~(^^)

またまた昔の話ですが、よく斜里町や隣の小清水のユースに泊りながらツーリングしてました(^^)
ローカル線のノロッコ号いいですね~!
津軽を走っているストーブ列車のような雰囲気!そこでスルメを焼いて一杯!たまりませんね~(ヨダレ^^;)
おばちゃんたちがちょっとう〇いですが・・・(笑)
そして念願の流氷・・・最高のお天気で、haseさんのカメラの腕もあるのでしょうが、最高に美しいです(^^)
それに、牡蠣・ウニ・蛸の卵・・・これは新鮮じゃないと食べれませんからね~!
北海道の冬の旅もいいもんですね・・・(^^)
素敵なレポありがとうございます(^^)

No title

朝のキラキラ道、送迎の車を止めてもらったのも納得。綺麗な景色。
時間があればゆっくりといろいろ撮りたいですね

1両編成のローカル線、味わいがあります
”世界の車窓から”ですね!!

電車内のだるまストーブでするめ、もう外へでたくなーい。
車内から雪景色を見ながら飲んでいたい。 話し相手はおばちゃん!?(笑)

流氷、実際に見たら感動でしたか?
運休じゃなくて良かったですね

道東列車の旅もいいですね~

おはようございます

ムコ殿さん
そういう時間をかけたツーリングいいですね、憧れます

ローカル線の旅もなかなかです
そうそう津軽にもありますよね~

流氷の動き、ホント気まぐれで南風が吹けば半日で居なくなってしまうらしいです
今回は念願かなって見れて良かったです!

新鮮じゃないと食べれない物並べてみました
これも現地ならではですよね

寒くて行動が制限されるけど冬の北海道、クセになりそうです

おはようございます

RRさん
見た瞬間、駅までの時間を確認してお願いしちゃいました
朝の澄んだ空気の中でキラキラ光る氷の粒は鳥肌ものでした


そうそう気分は「世界の車窓から」
石丸謙二郎のナレーションが聞こえてきそうな雰囲気です(笑)

車内はストーブのおかげで結構暑くたまに外に出ると気持ちがいいくらいでした
まぁおばちゃんとのからみも楽しかったですよ(笑)

今回行くのに苦労しただけあって流氷は感動しました
ほんとギリギリでしたよ、、、一日ずれてたら乗れなかったんですから

本数少ないので時間に追われてになっちゃいますが列車の旅もいいもんです

コメントありがとうございます

これからもよろしくお願いします(^^)

しかし・・・牡蠣!?ウニ!?そしてたこの卵?
おいしそ-----!!!
そんなお寿司食べてみたいです(>w<)


こんばんは

ゆーさん
北海道は美味しいものが山盛りです
どれも美味しく頂いてきました(笑)

こちらこそよろしくです
プロフィール

hase

Author:hase
メインはバイクでツーリング
たまに自転車や車,電車の時も

カメラを持って綺麗な景色を求めておでかけ
そんなおでかけを日記にしてます
よろしくお願いします

応援よろしくです
最新記事
Twitterウィジェット
カテゴリ
最新コメント
リンク
天気予報
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ