裏磐梯紀行【前編】

1ヵ月前から裏磐梯に泊まるにあたって宿探し
星野リゾートが展開する「星野リゾート 裏磐梯ホテル」があるのでそこにしようとプランを見てると「東京駅無料送迎プラン」ってのを発見
http://www.urabandaihotel.jp/bandaikougengo/
東京駅八重洲口より無料送迎、アーリーチェックイン&レイトチェックアウトで24時間ステイ
料金も通常プランとあまりかわらない
クルマで行くつもりだったけど高速代だけでETC休日割引使っても往復で約1万円
プラスガス代ですから往復交通費を考えると安い
まぁ行動は制限されますがね(笑)
そんな感じで「送迎付き宿泊プラン」で行ってきました

出発は東京駅八重洲側にある鍛冶橋駐車場より

DSC_1385.jpg


いろんなツアーのバスが出る発着場、普段バスでの旅行なんてしないので所あったの知らなかった
お隣のバスの客層が異質で調べてみたら元AKBのバスツアー(笑)

1泊二日山梨で6万5千円(汗)アイドルパワー恐るべし

こちらのバスは定刻通り出発
宝町より首都高へ

バス旅行って事で朝イチから飲める幸せ(笑)

DSC_1391.jpg

秋限定のビールが出ると季節を感じますね~

金曜なので仕事の車で混雑する中、東北道を北進
途中羽生PA、那須高原SAで休憩

那須高原SAでとちおとめいちごソフトクリーム

DSC_1397_2015083119263337f.jpg


何気なく食べたけどコレ美味いです
とちおとめ100%ジュースを使ったソフトらしい
ツーリングの時も定番になりそうな予感です

その後バスは渋滞も無く順調に進み会津若松ICから一般道
先日ツーリングで走った道をバスから眺めるのが不思議な感じ(笑)
田んぼやそば畑の中を走って約30分

そしてほぼ予定通り13時ちょい過ぎホテル到着

DSC_6724.jpg


バブルの時代を感じさせる巨大なホテル

DSC_6717.jpg


チェックインを済ませ荷物を置いて美術館へ行くバスの合間にお昼ご飯

DSC_1404.jpg


時間も足も無いので桧原湖畔の観光客向けのレストハウスで喜多方ラーメン
大衆食堂だったので期待をしてなかったけどそこそこ美味しかった
付けあわせの漬物が侮れない

そして美術館のほうへ行くバスに乗ります
「森のくまさん号」

DSC_6740.jpg


昭和42年製いすゞBXD30のボンネットバス
環境に配慮して燃料は天ぷら油なので排気ガスは揚げ物の香り(笑)

DSC_6776.jpg


運転手さんいわく「意外に壊れないんですよ~(笑)」と当然パワステなし
ウィンカーは腕木式方向指示器

DSC_6784.jpg

昔懐かしい形、とは言っても自分はボンネットバスの乗車は初めて
唸るエンジン、4速マニュアルミッション、昔ながらのサスでボヨボヨ跳ねながら約10分の乗車

DSC_6780.jpg


五色沼入り口からさらに歩いて10分弱でいきなり今回のメイン『諸橋近代美術館』到着です

DSC_6813.jpg


なんでこんな山奥に?って思うくらい立派な建物
しかも収蔵物がスゴイ

結構絵や彫刻に寄って観れるのもいいですね

『テトゥアンの大合戦』はスゴイ迫力!細かい解説付きってのが嬉しいですね
『ビキニの3つのスフィンクス』も常設展示
ダリ好きにはたまらないと思います

当然中は撮影禁止です
のんびり観てたら帰りのバスの時間ギリギリの17時過ぎまで2時間近くかかっちゃいました

ひんやりとした高原の空気、虫の声を聞きながらバス停へ

帰りは普通のバスでホテルまで直行
ホテルに帰るとウェルカムドリンクのサービス

DSC_1410.jpg


マカロン付きってなんて豪華
紙コップってのが残念ですが(笑)

部屋にいったん戻りいよいよ温泉
湯船から夕暮れの桧原湖を眺めながら虫の鳴き声に癒される
最高の露天風呂でした

お風呂を出ると今度は一口サイズのかき氷のサービス
イチゴとトマトってがありましたがここはお薦めのトマト

DSC_1413.jpg


ちょっと塩をかけていただきます
甘みがあって美味しい、トマトのかき氷なんて初めての体験でした

ロビー脇にはアクティビティの受付一覧ボード

DSC_1428.jpg

当日と翌日の空き状況が一目でわかります

4:40からの「夜明けの茶散歩」に参加しようと思っていましたが生憎明日は雨の予報
雨のしっかりした装備ないので断念、かわりに出発時間までに終われて天気に影響されない「蕎麦打ち体験」を申し込みました
ご飯を食べるところにも迷っていたので一石二鳥(笑)

ここいろいろなアクティビティが充実していて時間にあわせて選べるのが嬉しいですね
夕食前にはロビーでは裏磐梯の成り立ち等の教室「教えて!裏磐梯」ってのも開催
ちょっと参加しちゃいましたが桧原湖、秋元湖が出来たのって1888年7月15日
約127年って意外に最近なんですね


夕食はバイキング
会津地方の料理が並びます

DSC_1415.jpg


そして、テーブルの上には馬刺しを並べます
馬刺し食べ放題(笑)
明日の早起きやめちゃったので飲み放題もつけちゃいました
生がジョッキで700円、飲み放題1400円ですから当然飲み放題でしょう(笑)

いい感じに酔っ払い
終了間際に温泉ににも浸かり就寝で一日目終了

そんな感じで天気悪くて中身薄い2日目に続きます(笑)

スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 温泉 旅行

ちょいメンテ

今年も分割で取ってる夏休み4日目
5日取れるうちの唯一自由に出かけられる日でしたがダブル台風等で予定していた山登りは中止
走りに行くにも微妙な天気だし・・・

DSC_1356_201508251443521f2.jpg


家に居てもしょうがないので倉庫へ行って洗車

DSC_1375.jpg


先日の奥只見の洗い越しを何度も越えて足回りドロドロ(汗)
高圧洗車機で流して仕上げはプレクサス

次に久々KSRに火を入れるとまた盛大に白煙を吹く(笑)

DSC_1359.jpg


いい加減ちゃんと乗ってあげないといけないな

DSC_1365.jpg


バィーンバィーンと吹かしてるとライト消滅・・・
カウル外して見てみると見事断線

DSC_1377.jpg


出先で切れないで良かった
ハンダ付けしたけどそれでも付かない
球見ると切れてる・・・今度買ってきて交換ですね

DSC_1367_201508251444054b6.jpg


エンジン暖まった所でクーラントの交換
前交換してからあまり乗って無いけど思い付きで交換しといた


そして最後に先日頻発したドカのエンジンストールの原因探し

DSC_1358.jpg


エアクリーナー開けてみたけど中にお亡くなりになった蜂が1匹

DSC_1357.jpg


ブロアで吹くと小さな虫の死がいがポロポロでてくる程度

DSC_1368.jpg


プラグをみると若干白い?
そう言えばイリジウムからノーマルに戻した当初調子悪くなった事を思い出す

一旦戻してみようかと思い前に付けてたプラグを探したけど見つからないのでこれもまた次回

DSC_1369.jpg


応急処置?としてアイドリングを若干上げとく
とりあえずはコレで大丈夫かな?バルブとプラグを買って出直し

DSC_1372.jpg


さすが51000km走るとエンジン回りきたない(汗)


どのバイクでどこへ行くかわからないので秋のシーズン前までには完調にしておきたいですね
いざとなればオフ以外何でもこなせる?ランナーで(笑)

なんか修理も天気も中途半端な夏休みの一日になっちゃいました
夏休み残り1日は柄にも無くバスでの旅
どうなる事やら(笑)

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

深川グルメに深川祭り

去年たまたま行ってハマった祭り『深川八幡祭り』
深川八幡祭り

今年も行ってきました
3年に一度が本祭りで今年は本祭り翌年に二の宮の神輿を担ぐ二の宮神輿渡御

山手線の東側って反対側に住んでいる自分にはなかなか馴染みの無いエリア
せっかく行くので深川グルメを楽しみながら

まずは混む前に、と行ったのは話題?になってるらしい
清澄白河に最近オープンしたジェラート屋さん『Brigela』さん
http://www.brigela.com/

DSC_6245.jpg


マリー・アントワネットが言ったとされる「パンが食べられないならお菓子を食べればよいのに」
のお菓子がブリオッシュ
そのブリオッシュにジェラートを挟んで食べるのがブリオッシュコンジェラート

お昼前の時間だったせいか並ばずに入れました

Mサイズ2フレーバーにしたのでジェラートを二つ選びます

DSC_6242.jpg


「スイカ」と「ブルーベリーヨーグルト」
先日の茨城で喰って来た組合せ(笑)

最初はジェラートだけ食べて最後はブリオッシュと一緒に食べる感じ
ほのかに甘いパンと相性がイイです

そしてデザートからのご飯(笑)
深川と言えば「深川めし」
元は豊富に獲れたあさりを使った漁師ごはん
この周辺に食べれるお店がいっぱいあるのでどこへ入ろうか迷ってしまいます

自分が入ったのは『深川釜匠』さん

DSC_6251.jpg


入った瞬間いっぱいかな?と思ったけど2階3階もあるようで自分は2階に通されました
深川めしと深川丼ぶりと迷ったけど今回は深川めし

DSC_1309.jpg


ご飯もふっくらダシもよく味が浸みていておいしい
あさりの量もいっぱい、おこげのアクセントもいい感じでした

DSC_6248.jpg


デザート→ご飯とくれば食後のコーヒー?
こちらも最近話題の『ブルーボトルコーヒー』

DSC_6259.jpg


大行列ならスルーするつもりだったけどこちらもすんなり入店
お盆休みの最終日狙い目だったか?

DSC_6255.jpg

一杯ずつ眼の前でドリップしてくれるのは見ていて楽しい
でも自分が頼んだのは水だしのアイスコーヒー(笑)

DSC_1313.jpg


店内はドリップ待ちで混んでいましたがアイスコーヒーの提供は早い!
スッキリとした味わいでこちらもいいお味

飲み終わって表に出ると外に列が出来始めていた
人気も一段落?と思いきやまだまだ行列出来るくらい人気の様です


お腹いっぱいになってやっと本題(笑)
門前仲町まで行きまずは富岡八幡宮へ

DSC_6277.jpg


近くまで来てやっと祭りらしい雰囲気
参拝するのに列が出来てます

DSC_6270.jpg


二の宮神輿の順路をみるとこの時間は豊洲の辺りにいるらしいのでバスで移動
するといました「二の宮神輿」


DSC_6283.jpg


もともと一の宮神輿が4.5トンと大きすぎて諸問題で渡御するのに難しく新しく作られた神輿
二の宮として3年に1度の本祭りの翌年に町中を練り歩きます

DSC_6289.jpg

それでも重さ2tとかなりの迫力

DSC_6309.jpg


この鳳凰の眼にはダイヤ2.5カラットが1対と豪華です
豊洲周辺では水かけの迫力が味わえなかったので時間を調整して永代橋のたもとに再移動

DSC_6376.jpg


町名が書かれた提灯が先導してやってきました

DSC_6387.jpg


とりあえず凄い人!人!人!
近づくと熱気もスゴイです

DSC_6476.jpg


沿道からは水かけも
でもやっぱ派手な水掛けが見たいと思い脇の道を歩いて神輿を追い越し門前仲町の交差点へ

DSC_6512.jpg


ポンプ車発見!

DSC_6517.jpg



消防のホースの確認(笑)

DSC_6521.jpg


そして緑のヘルメットの消防団のかたの近くで待機

DSC_6535.jpg



そして水を浴びながらきました二の宮神輿!

DSC_6559.jpg

消防団の放水は豪快、周りにいる人も濡れます
暑い夏にピッタリの水掛け祭り

DSC_6577.jpg


次は再来年の本祭りですかね
本祭りは約120基の町神輿が練り歩きます
そこらじゅうで水柱が上がるので楽しみです

また水浴びしに来よう(笑)

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

茨城へ

お盆ですね
今朝も高速道路の赤い線は順調に育ってましたね(笑)

今年は毎年恒例の広島&鳥取行きが無いのですが茨城往復×2(汗)
お盆初日に先週に引き続き茨城行きです

DSC_1248.jpg


常磐道は他の高速と違って大渋滞は起こりづらいからまだいいですけど…
福島側が磐越道とつながってから混むようになってきましたね
5時半出発で渋滞回避作戦
この時間ならちょっとの混雑程度ですむので楽ですね

DSC_1249.jpg


ただ早くついても迷惑だし順調だったので土浦北ICでOUT
ダラダラとフルーツラインで笠間市を目指します


いつの間にかトンネルができて便利になりました
昔は一旦R6に出て中貫からフルーツライン目指してましたがR125から直で行けるのでDSC_1253.jpg
便利



沿道のフラワーパークの開園時間もこの時期は9時なのでまだ開園前
見通しのいい綺麗な道が続きます

DSC_1255.jpg


ツーリングでいい道なんだけどバイクではKSRツーリングで走った事がある程度
けどこの道バイクだと通れない区間が…

DSC_1257.jpg



小見の交差点から1500m先から二輪通行止め

DSC_1258.jpg



茨城県は筑波山周辺といい二輪に厳しい
先人の方々がかなり大暴れしたのかな?

DSC_1261.jpg


道祖神峠、通るとなんてこと無い峠道
特に危険も感じないし時代も違うのでいい加減通行禁止解除してもいいのでは?
今どきこんな所で集まってグル珍する奴もいないだろうし

道祖神峠のトンネル化を求める看板もあったけどそれこそ無駄?
さっき通った朝日トンネルもそうですが・・・
便利になるのはいいんですけどね

そんな峠を越えると笠間市内突入

まだ7時台なので人影もまばら
さすがにまだ早いので笠間稲荷神社に寄り道

DSC_6207.jpg

朝からある観光地なんて神社仏閣くらいだしね
観光と言っても店は空いてないしお守りもおみくじもまだですけどね

DSC_6215.jpg



いつも混んでいる時期しか来ないので人がいないってのは新鮮
朝の神社は実にすがすがしい
巫女さんが掃除している脇で参拝をすませた時点でもまだ8時

DSC_6214.jpg


両親と9時半ごろに待ち合わせなのでまだ時間がある


とりあえず待ち合わせの駅に向かおとR355を走っていると「笠間の家」という看板を発見
「笠間の家」とは建築家『伊東豊雄』の初期の作品

建物ならこの時間でも観れるかな?と思いUターンで看板の示す脇道へ

DSC_6223.jpg


数年前に笠間市に寄贈され綺麗に整備され公開されました
伯父さんがそれに関わっていたので話は聞いていたんですけど今回初めての訪問

DSC_6234.jpg


30年以上前の建物なのに綺麗にされていて高低差を生かした外観も面白い
もっと古い?汚い?建物を想像していて一旦通り過ぎたくらい(笑)
失礼しました

DSC_6224.jpg


お散歩中の近所のかたのお話によると先日カフェも開店したそう


今度開いている時間帯に来ないとね

そして親と合流し親戚のお家へ

DSC_1277_20150815013903744.jpg


線香あげて甥っ子と遊んで一休みした後、再出撃


城里町にある親戚のブルーベリー園
http://isono-blueberry.jimdo.com/

DSC_1279.jpg


時期としては6月から8月までと言う事でシーズン終盤ですが種類によってはまだまだ生ってます

DSC_1296.jpg



入園無料の試食無料
って事は無料で食べ放題です(笑)

お金がかかるのは持ち帰りのみ
********************************
ブルーベリーの摘み取り料金
6~7月 1パック(250g)500円 1kg 2,000円
8~9月 1Kg 1,500円
********************************
だそうです

DSC_1288.jpg


かなり不便な所ですが良かったら行ってみてください

DSC_1287_2015081501392195c.jpg


「採れ採れ」と言われるがままに段ボール数箱分を収穫

DSC_1304.jpg


笠間に戻りいつも通り野菜を大量に搭載して出発

17時頃に出発したけど高速は順調
首都高で若干つまったくらいでほぼ渋滞無し、都内もR1も環七もガラガラ

上りのピークは明日でしょうか?
遠出しているかたは気をつけて下さいね~

そして収穫してきたブルーベリーを洗って冷凍

DSC_1305.jpg


これだけあるとしばらく無くならなそう・・・
眼もよくなるかな??(笑)

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

長岡花火大会ツーリング【R352編】

長岡花火大会ツーリング【やっと花火大会編】より続きです

キャンプの朝の目覚めは早い

DSC_1012.jpg


6時前には起きて誰もいない公園をぶらぶら

DSC_1015.jpg



昨日は子供がいっぱいで近づけなかった遊具へ(笑)

DSC_1018.jpg


やってみたかったローラーコースター

DSC_1019.jpg


やって後悔した…
尻が痛い

久しぶりのキャンプなので道具もいろいろ実験
結構前に買って今回初の太陽光パネル

DSC_1022.jpg

これだけ晴れてるといい感じでスマホの充電ができてる


朝起きて涼しいうちにテントをたたみツーリングマップルで帰り道の会議

当初の予定はR352で田島経由しかしトラブルの影響でクルマ&バイク
軽のキャンピングカーなので登りはシンドイと…
ならば枝折峠を「奥只見シルバーラインでショートカットしちゃえば?」と言う流れに…
銀山平で合流してバイクを一旦置いて奥只見湖見に行こうぜって

ホワイトさんに群馬のもつ煮ツーリングもお誘い頂いていたのですが滅多に行く事のない奥只見ダムを含めた
R352ルートで帰る事に

DSC_1029.jpg


R17で小出まで戻り左折で国道352号線(樹海ライン)の旅の始まり

DSC_1031.jpg


10kmほどでシルバーラインとR352とお別れ
ここから自分は枝折峠越え、友達は奥只見シルバーラインへ

DSC_1037.jpg


枝折峠は1~1.5車線で高度を上げて行く
200ccのスクーターにはちょっとシンドイ登りの連続
道は比較的綺麗だけどたまに砂が浮いてるので気が抜けない

DSC_1050.jpg


崖にへばりついた様な道なので右側に落ちたら終わりですね…
山肌に添って走るのでスラローム状態が延々続き約30分ほどで枝折峠到着

DSC_1060.jpg


現在地をお知らせしようとしたが携帯圏外
意外に賑やかでスキーの練習に来ている方々やヒルクライムレースが近い事もあってか自転車の人も多かった

DSC_1058.jpg


あんまりノンビリしていると奥只見シルバーライン一直線で向かってるヤツを待たせちゃうのでさっさと出発

DSC_1064.jpg


ここからは一気に高度を下げる一転下りなのでぐいぐい下る
いいペースで走ってる割にはるか下のほうに銀山平温泉に行く途中にある橋が見えるけどなかなか近づけない

DSC_1071.jpg


結局クルマに遅れる事10分以上銀山平到着
「おせーよ」って言われても一直線で向かって来るのとじゃ全然時間違うって(笑)

DSC_1072.jpg


ここでバイクは木陰に置いてクルマで奥只見シルバーラインに突撃

DSC_6099.jpg


初めて入って二輪通行禁止の意味が解った

全長22kmのうち18kmがトンネル区間、しかも湧水で濡れた素堀のトンネル区間が延々と続く
しかも温度差で霧がたちこめてるような感じ

DSC_6105.jpg


先ほど通った枝折峠もなかなかサバイバルなコースで崖から落ちると連絡手段がないと言う警告がある位
まぁ落ちたら命は無いくらいの高さありましたからねぇ
ちなみに2006年まで二輪通行禁止だったので通り抜けできませんでした

そんな長いトンネルは天然クーラー
ずっとこの中にいたい・・・でも寒いくらいかも
出た瞬間に窓ガラスが真っ白!車体もキンキンに冷えちゃいました

DSC_6177.jpg



トンネルを抜けるとバイクでは来れない秘境「奥只見ダム」到着

ダム堤高では日本で第5位の高さ日本一高い重力式コンクリートダム
先ほど通ったシルバーラインはこのダム建設の為に作られた道路です

DSC_6121.jpg



駐車場から奥只見ダムサイトにある山頂駅までスロープカーで約3分
平日におっさん二人で観光ってのが異様だったのか受付のねーちゃんの反応が微妙でした(笑)

DSC_6125.jpg


巨大構造物はテンション上がります


DSC_6147.jpg


技術の凄さを感じます、昭和30年代に出来たんですよねぇ

DSC_6140.jpg


ダム脇から更に上にある奥只見電力館へは無料バスで

DSC_6157.jpg


電力館では奥只見湖の成り立ちや発電の仕組み等が学べます

DSC_6158.jpg


ここで今まで噂には聞いていたけど初めて入手

『ダムカード』

DSC_6160.jpg


これを機にダムカード集めツーリングでもやってみようかな(笑)
ダム周りって面白い道がいっぱいあるしね

DSC_6173.jpg


ブナ林と切り立った2000m級の山に囲まれたちょっと日本離れした風景
これ秋の紅葉の頃なんて見事なんでしょうね

DSC_6167.jpg


電力館の脇にはこの時期にまだあじさいが綺麗に咲いてました



クルマで銀山平へ戻りここからはR352の続き、奥只見湖畔を沿うように走ります

DSC_1087.jpg


時折山から流れ落ちた雪解け水が道路を横断する「洗い越し」
たまにズルっと行くので要注意(汗)

DSC_1088.jpg


尾瀬から流れ落ちてくるこの水、冷たくて気持ちいい


最初は久しぶりに見るこの風景に癒されながら、クルマと一緒なので先行しては写真を撮っての繰り返しで進むが・・・
地図で奥只見湖を見ると解ると思いますが非常に入り組んでる
そしてそれに沿ってぐねぐねぐねぐねぐねぐね、、、30km近くも走れば飽きるって(笑)

DSC_1089.jpg

当然電話も通じないこれだけの長距離ですのでこんな看板もありました

DSC_1125.jpg

docomoだけ?
自分はdocomoなのでつながりましたが他の電話会社はダメなんでしょうか

DSC_1108.jpg


この季節でも雪が残っていたりする山など見ながらで景色は素晴らしいんですよ
そして長いぐねぐねを抜け尾瀬口船着き場を過ぎると一転走りやすい道に

ただ時折現れる凹みには注意、ヘタすると吹っ飛びます

新潟県から福島県に突入

DSC_1134.jpg



最初は写真を撮ったりでのんびりクルマと一緒に走ってましたが途中から一人旅(笑)
一気に尾瀬の玄関口御池まで行っちゃいました

DSC_1143.jpg

銀山平からここまで約1時間
日陰で少し休んでいると追いついてきたクルマと一緒にモーカケの滝へ

DSC_6202.jpg


地図で気になって来てみたかったんですが

DSC_6201.jpg


歩いて数分で展望台到着

DSC_6200.jpg

ちょっと遠いですねぇ

下に降りる道もふさがれてるようなので近づけません
まぁこんなもんか、と時間が13時まわっていたのでこの先のご飯処へ急ぎます

今日のお昼は『裁ちそば本家六代目 まる家』さん

DSC_1152_201508071449505c3.jpg


友達が前に寄って美味しかったからと言う事で来てみました



ライダーには「そばがき」のプレゼント付き

DSC_1153_20150807153612c7e.jpg

黄粉まぶしたちょっと甘いそばがきでした

そして注文したそば定食、裁ち蕎麦とはっとうのセット

DSC_1155.jpg


「裁ち蕎麦」とはそば粉100%を熱湯と水でこね生地を薄く伸ばして重ねて裁ったお蕎麦

DSC_1157.jpg


「はっとう」はそば粉ともち米をねったモノで黒ごまをまぶしたもの
そばがきかと思いましたがもちっとした食感はもち米が入ってるからなんですね

DSC_1158.jpg


次にたっぷり走った汗を流しに温泉を目指す


DSC_1168.jpg


向かうはここから約80km先の川治温泉にある「薬師の湯」
昔走った田代山林道を抜ければ距離的には近いんでしょうけどオフ車じゃないですからね~
またクマに出会ったら逃げれないし(笑)

でも続きのR352を軽四のクセに頑張る頑張る(笑)
次々クルマをパス、200ccスクーターでちょうどいいペースで走ってくれる

そしてヒグラシの鳴く中「薬師の湯」到着

DSC_1188.jpg


聞けば施設の故障でさっきまでお湯が出なかったとの事
ギリギリ直ったようでラッキーでした


サッパリしたけどここからまだ150km近くありますので(汗)
交通量は多めなのでのんびり今市ICまで行き給油
このバイク無給油最長不倒200km越え!やれば出来る子でした

DSC_1197.jpg


そしてGSの兄さんから「今日で良かったね~昨日は大変だったんだよ!」と
聞くと前日は不安定な天気で豪雨、そして直径2cmくらいの雹が大量に降ったらしい
大雨と風の影響で日光の杉並木も20本くらい倒れたそう
そんな中バイクで走るなんて無理っす
今日は大丈夫かな?と雨雲レーダーを見ると

Screenshot_2015-08-03-15-44-19.jpg



さっきご飯食べてた檜枝岐村近くは大雨
ホントラッキーでした

今市からは高速

DSC_1204.jpg


高速はスクーターより軽四のほうが速い
頑張って走っていると駆動系が滑る感覚
クラッチ?ベルト?が熱ダレしてるのかな?
あまり無理出来ないので一番左車線、トラックと同じペースで羽生PAまで

DSC_1208.jpg


羽生PAの代わりようにビックリ(笑)
時代劇のセットの様な作りになってるのね

そんなPAってこともあってか外国人観光客も多い
PAだから人も少ないかと思って入ったけど逆に大人気で結構混んでました

DSC_1211.jpg


お互い疲れもピークだったので解散式して各々帰路へ

途中外環で渋滞にハマったものの20時前には家に到着しました
そしてタブレットを引っ張り出して長岡花火の中継に接続
5分バージョンのフェニックスを観賞

その後は反省会へでいつもの所へ

sc_20150612212415.jpg

店のママにも絶対見に行ったほうがいいと言われつづけてやっと行って来たフェニックスの感動を伝えてきました(笑)

次見に行けるのはいつになるか解りませんがいずれまた見に行きたい花火大会でした
帰りも盛りだくさん走ったので満足

長々とお付き合いありがとうございます

帰りのルート



テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

tag : ツーリング バイク 温泉

長岡花火大会ツーリング【やっと花火大会編】

長岡花火大会ツーリング【いろいろ再会編】より続きです

心配された積乱雲も大丈夫そう

おなじみのかけ声(自分は初めてでしたが)「打ち上げ開始でございます。」のアナウンスとともに
長岡花火大会の開始でございます!


長岡の花火は長岡大空襲の戦死者への慰霊の花火
http://nagaokamatsuri.com/omoi.html


日米両国の戦争犠牲者への慰霊と世界平和への願いを込めて
白一色の尺玉花火「白菊」3発より

DSC_5857-1.jpg




そしてナイアガラ超大型スターマインより次々に上がって行きます
観るのに夢中でノンアルビール飲みながらいつも通り適当にレリーズ
なのでどれがどれだか解らないので適当に貼っておきます(笑)


DSC_5868.jpg


DSC_5869.jpg


DSC_5870.jpg


DSC_5919.jpg


DSC_5920.jpg




尺玉がこんなに上がるってスゴイ迫力

DSC_5995.jpg

↑ちなみにこれD750に先日買った18mmです
カメラご存知の方ならお解りかと思いますが結構広角に撮ってこれですよ

DSC_5922.jpg



DSC_5872.jpg



DSC_5906.jpg



DSC_5974.jpg



DSC_5975.jpg



DSC_5988.jpg



DSC_5923.jpg



DSC_5925.jpg



DSC_6008.jpg



DSC_6017.jpg




そして20時20分復興祈願花火『フェニックス』の開始
平原綾香さんの『Jupiter』にのせて次々打ち上がって行きます
こちらは写真ではなく動画でのせます





復興祈願花火『フェニックス』
新潟県中越大震災の際の復興とご支援頂いた多くの方々への感謝として打上げているものです
詳しくはこちら↓
http://phoenix-hanabi.jp/

凄すぎて泣けます
近すぎて全然フレームに納まりきっていませんが実際はこれの1.5倍以上の幅で上がってます

DSC_6032.jpg


DSC_5994.jpg


DSC_6078.jpg


DSC_6079.jpg


DSC_6081.jpg




その後も3尺3連発やナイアガラ
とりあえず尺玉の安売りしすぎ(笑)
どれも凄い迫力の花火の連発でした


DSC_6057.jpg


DSC_6075.jpg




最後に匠の花火
『昇曲導付八重芯変化菊』

DSC_6090-1.jpg


あっという間の約2時間


ラストは見物客が花火師に光のお礼

DSC_6096.jpg



これがまた感動的でした


今回の席は左岸イス席
パイプ椅子ですが前後左右に余裕もあり小さいトラベル三脚も建てれました
ただ前にも人がいるのでアングルとしては中途半端(汗)

撮るのがメインなら他がいいでしょうが近い分花火の醍醐味の音や迫力感じられました
2尺3尺の衝撃波は現地にいないと絶対に感じられませんからね~
土浦の桟敷に行ってから大きい玉のあがる花火大会を近くで観るのにハマりました
映像や画像だけじゃ花火の魅力は半分も伝わりませんね
ぜひ現地でそしてなるべく近くで!
(ですが今年の土浦の桟敷の抽選はずれました…)


ただ終わった後が大変(汗)
フェニックスが終わったあたりから帰り始める人がボチボチ
旗もったツアーの団体もいました
終わりまでいるとハマってしまうこれも名物花火後の大渋滞

自分らはもちろん最後まで観賞してましたが外に出るのには非常にスムーズでした
土浦の比にならない位楽でした、立ち止まる事もなく出れました

そしてまったく動かない車の脇を歩く事10分ほどでバイク到着

DSC_1004.jpg


ここでバイクの機動力発揮(笑)
むさいおっさんのタンデムで渋滞を間を抜けて行きます
車はまったく動かないのでイラついてるのか意味も無くクラクション鳴らされたりかなり殺気立ってます(汗)

でも混んだのはR351だけで左岸バイパスに入ったら長岡南越路スマートインターまではスムーズに帰れました

DSC_1006.jpg


原信で余裕にお買い物出来たので22時頃?
これなら車でも回避する手段簡単に見つけられそう、まぁR351をどう回避するか?がポイントになりそうですね

そこからはバイクと車に別れて堀之内ICまで戻り月岡公園へ
戻ると誰もいない公園にうちらだけ
無料キャンプ場一人占め

設営済なので後は寝るだけ

DSC_1007.jpg


花火に余韻に浸りながら地元の「八海山」で乾杯
その後1時半ごろまでダラダラと飲み

そして帰り道編につづきます
これがまた長かった…

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

tag : ツーリング 花火 バイク

長岡花火大会ツーリング【いろいろ再会編】

長岡花火大会ツーリング【関越でお別れ編】からの続きです

先週のビーナスラインツーリングの中で長岡ナンバーのかたがいまして
「来週花火を観に長岡行くんですよ~」とお話していて月岡公園でキャンプすると言ったら
「うちから車で5分位のとこですよ!」と
その方が後ろに付かれると白バイと勘違いしてしまいそうな真っ白なCB1300に乗った『ホワイトさん』

その後連絡先を交換していろいろな情報を教えて下さいました
魚沼スカイライン通行止め区間の件も教えて頂き大変助かりました
そんなホワイトさんお薦めのお店がこの鮨岡です

DSC_0942.jpg

嬉しい事に六日町まで迎撃に来てくれました
しかも席まで取って頂いて、写真撮りながらのんびり向かって申し訳ない

注文はお薦めの本気丼!

本気丼を待つ間いろいろな話で盛り上がり貴重な長岡情報まで

そしてお待ちかねの本気丼大盛り

DSC_5844.jpg


これ何品乗ってるんだ??これだけ乗ってて小鉢もついて800円しかも大盛り無料

近くにあったら通っちゃいますね
しかもここは米処魚沼!当然ご飯も絶品です

お腹いっぱいになってた所で

DSC_0896_20150804181049429.jpg

途中リタイヤの友達を思い出す・・・
連絡してみると自力で直したと連絡
ただ他にもダメージを負ってるとの事なので一旦帰って車で来るらしい
気をつけてくるように伝えると我々も出発

DSC_0947.jpg


ホワイトさんの先導で地元スペシャルの道を使いあっという間に月岡公園着

DSC_0952.jpg


ゴルフ練習場で受付をして注意事項の説明

DSC_0950.jpg


火器の使用箇所が炊事場だけ、最近火災が発生したらしく特に注意するようにと言われましたが
我々は寝るだけのつもりなので火器類無しなので心配無し

設営しようかと思いましたが水場やアスレチックで遊ぶ子供らがいっぱいで完全にアウェー状態
陽も高く暑いのでもうチョイしてからにしよう

そしてホワイトさんのお家が近いので「家行ってコーヒーでも飲みましょう」と言って下さりお家へ
国道沿いのお家の庭先で行きかうツーリングバイクを眺めながらここでも談笑
更にスイカなどご馳走してくれると言って頂けたがさっきの海鮮丼が効いていて無理(汗)
いろいろ気を使って頂きスミマセンでした

そうしていると友達から連絡「現在所沢これから向かうので17時には着く」と
凄い気合いだ(汗)でもこの時間なら花火開始に間に合いそう

14時半になりホワイトさんも花火への準備があるし自分もボチボチ設営しなきゃなのでここでお別れ

いろいろご馳走して頂きありがとうございました!

月岡公園に戻った頃には子供も減ってたのでその側で設営開始

DSC_0964.jpg


設営終わった頃に友達に連絡してみると関越トンネルの中
止める場所や待ち合わせ場所を急遽打合せ
山谷PAでおち合い長岡インター長岡は出口で詰まると動けなくなるので一個手前の南越路スマートインターでOUT
インターそばに置けば帰りも楽だろう、そしてそこから会場そばまではタンデムで

そして無事山PAで数時間ぶりに(笑)待ち合わせ成功、ランナーの機動性を生かし脇道グリグリ進み
17時には会場近くに無事駐車できました!

そして自分らの指定された『左岸イス席』へと向かいます

DSC_0968.jpg


止めた所から徒歩10分ほどで会場に到着
イス席は心配されたパイプイスのピッチも余裕があり横の人ともぶつからない程度
前後も足を余裕で伸ばせるくらいでした

明るいうちに三脚をセッティング
今回は北海道行きの時に買った小さいトラベル三脚
若干窮屈でしたが三脚も建てれました

DSC_5850.jpg


空が紅く染まってくると遠くに凄い積乱雲

DSC_5852.jpg


稲光も時折見える…こっち来るなよ~

DSC_0973.jpg


そして夜の帳が下りる頃、いよいよ長岡花火大会の打上開始でございます♪



ここまでのルート


テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

tag : ツーリング 花火

長岡花火大会ツーリング【関越でお別れ編】

今年も友達から「長岡の席取れて席があるから来ない?」とお誘い
去年は帰りの足の確保が難しく断念したんですが、今年は荷物積んで行くこと出来るランナーがあるのでランナー仲間と一緒に花火行ってキャンプして帰る作戦を計画

花火観てキャンプ場戻って寝るだけだから火をおこす様な装備はせずテントと小物類のみの軽装備で出撃


DSC_0873.jpg


とか言いながらカメラはほぼフル装備
さすがに前日の板橋花火の様な大きな三脚は諦めました(笑)

DSC_0875_20150804181034a9b.jpg


関越三芳PA6時半集合
この前買ったスロットルアシストを装着して関越北上

DSC_0876.jpg


ランナーの最高速はたかがしれてるのでほぼ左側を巡航
このスロットルアシスト、地味なパーツだけど効果高い
力が無いバイクではそれなりにスロットルをひねり続けないといけないんですが
ひねる動作をせずに巡航できるのでこういう場面では使えますね

快調に最初の給油ポイント上里SAまで2kmの看板が見えた時
突然自分の前を走る仲間のランナーから白煙

それと同時にスローダウン、グラスウールが下のほうから飛散
ベルトが切れたのがわかったので自分は後ろからサポートしながらちょうどあった待避所に停止
とりあえず大事にならずに停止出来てよかった

DSC_0883.jpg


見てすぐわかる感じですね
JAFを手配し待機、なんと予備のベルトを持っていたので工具さえあればなんとかなると…
予備のベルト持ち歩くなんてどんだけ用心深いんだ…
この前の温泉ツーリング前に交換したのにもう切れるのはちょっとおかしい

DSC_0890.jpg


1時間半ほど待って友達はバイクと同時に運ばれて行く
友達はとりあえず藤岡のJAFの基地まで運んでもらい自分はそのまま新潟へ向かう事に

DSC_0896_20150804181049429.jpg


ここから関越一人旅

2時間近くロスしちゃったので三国峠はパスして関越トンネルに突っ込む

DSC_0909.jpg


トンネルを抜けるとそこは…

DSC_0919.jpg


雪国、、、ではなく群馬を越える灼熱の街(汗)
山の中の赤城あたりより盆地の湯沢のほうが暑い

DSC_0924.jpg

湯沢ICで降りてコンビニで水分補給
もうちょっと涼しいと思ったけどなかなかの暑さ

ここから当初の予定通り魚沼スカイラインに向かうと少し涼しくなってきた
ちょっと標高上げただけで結構空気が変わってきますね

DSC_0926.jpg


ただ魚沼スカイラインはこの冬の大雪のせいで現在も通行止め区間があると
事前に地元のライダー『ホワイトさん』に聞いていたので行ける所まで

DSC_0927.jpg


伊豆スカイラインや富士山スカイラインを想像してくるとガッカリするレベル?(笑)
スカイラインと言う割にそんなに道もよくないけど景色は気持ちがいいです
自分は嫌いじゃないです(笑)

DSC_0935.jpg


通行止めの区間があるのもあってか交通量は少ない
アップダウンを繰り返しながら魚沼展望台に到着

DSC_0933.jpg


魚沼ツーリング以来の来訪

DSC_5827.jpg

前回も霞んでいたけど今回も(汗)

DSC_5824.jpg



相性が良くないようで、、、同じような時間帯に来ちゃってるってのもあるんですけどね

DSC_5839.jpg


そして前回はパスしちゃった五日町展望台

DSC_5836.jpg


こっちも霞んで展望はきかないです

今度は季節と時間を変えて訪れてみたいですね

八箇峠からは通行止めで降りられないとの事なので途中から塩沢方面に下ります

DSC_0938.jpg


一気に下るこの道もなかなかいいですね

再びR17に戻り六日町を過ぎお昼の目的地へ近づきます

DSC_0939.jpg


関越をくぐりセブンイレブンを目標に曲がるとお店の看板を発見
ブロ友さんの「ホワイトさん」推薦の『鮨岡』です

DSC_0942.jpg


そして駐車場には先週も見たこのバイクが!

DSC_0941.jpg


のれんをくぐると1週間ぶりの再開
そしてこの後ビックリ!本気丼に続きます


ここまでのルート




テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

tag : ツーリング バイク

いたばし&戸田橋花火大会

今シーズン初花火
うちから一番近い花火大会の板橋花火大会
ついでに対岸でやってる戸田橋花火大会も見れちゃう
打ち上げ数は両岸合計すると、約1万2000発

仕事をさっさと終わらせ三脚をバイクに縛り付け出発

DSC_0857.jpg


本気の花火は明日に取っておいて今日はちょっと遠めに三脚据えて撮影

DSC_5816.jpg


今回行ってみたポイントはR17バイパスのすぐ脇
完全に手抜きです(笑)

DSC_5749.jpg


始まる10分前に行ってもバイクも止めれるし場所取りも余裕でした

DSC_5808.jpg



風向きが悪くいまいちの場所
だけど広々とした土手だったので周りを気にせずゆったり撮影できました

DSC_5770.jpg


玉も抜けがあったり不揃いだったりがおおいですが…

DSC_5744.jpg


煙がはれる間もなく次々あげるので撮影には厳しい条件


DSC_5756.jpg



DSC_5721.jpg


月が真っ赤だったのでアップで


DSC_5703.jpg



昨日はひと月に二度目の満月「ブルームーン」だったようですね


DSC_5698.jpg


それなりに楽しんで撮れました
何より行き帰りも混雑せず楽々帰宅

DSC_0864_20150802001239cca.jpg


本番は明日
撮るより観る!がメインになりそうですけどね~
準備も完了明日に備えて早く寝ないと

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

tag : バイク カメラ

プロフィール

hase

Author:hase
メインはバイクでツーリング
たまに自転車や車,電車の時も

カメラを持って綺麗な景色を求めておでかけ
そんなおでかけを日記にしてます
よろしくお願いします

応援よろしくです
最新記事
Twitterウィジェット
カテゴリ
最新コメント
リンク
天気予報
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ